投資前資本形成診断の重要性

このサイトでは、さまざまな投資を行っていくその前に、行っておくべきであること「投資前の資本形成の診断」について解説をしていくことを目的としています。
投資、というと、日本では今でも多くの人に馴染みがないことかもしれません。
特にバブル経済の膨れ上がりとその崩壊、そしてそれ以降の「失われた20年」とも「失われた30年」とも言われる長引く景気低迷の流れで、日本人の中には、株式投資を含めた「投資、投機」に関する危険なイメージを抱いている方は多くいらっしゃるかもしれません。
しかし、学校でも実社会でも、そうした「投資」について「正確な知識」を教えてもらう機会がないまま、大人になり、それなりの貯蓄を蓄えてきたころ、あなたの自宅やアパートの郵便受けには、こんなチラシが届くようになります。
「マンションを買って投資しましょう」「投資信託しましょう」「FXはどうですか」などなど。
こうした投資話のほとんどは、投資についてよく知らない人から少しでも資金を確保しようとする狙いから送られるもので、分からないまま投資してしまうと、損をして、せっかく貯蓄した資金を浪費してしまうだけなのです。
そこで、投資を行う前には、入念な準備(大胆な行動はそのあと)が必要であり、その準備のひとつとして存在するのが「投資前の資本形成診断」というものになります。
この診断の重要性は各所で叫ばれていますが、内容を知らない人もまだ多いかと思います。
そこでこのサイトでは、その内容、利用方法、補足として情報サイトなどを、各ページに分けて紹介していきたいと思います。