投資前の資本形成診断とは何かを知るサイト

概要と基本的な情報、基礎知識

そもそも「資本形成」とは、どのようなもののことを言うのでしょうか。
とある百科事典を見ると、このように書いてあります。
「現存する有形固定資産および原料、燃料、半製品、仕掛品などの棚卸資産への新たな追加を意味する」
いったい何のことを言っているのか、と思った方のために、もっとシンプルにいうと「投資」のことです。
この「資本投資」というのは、いくつかの種類があって、インフラや建物、機械設備などに投資する総金額を「総固定資本形成」と言い、経済学においては、これに株式や債券などの「金融」への資金投入を含めた意味で「投資」という言葉は用いられます。
「人的資本形成」は、人材を育てるために(例えばコックに調理の技術や免許を習得させたり、医師に医療知識を持たせることなど)用いられたお金や時間の総額を言います。

そのメリットや効果などを知る

「資本形成診断」とは、つまり「投資を行うにあたって、その投資が妥当であるかを診断すること」を言います。
世の中の投資家は、たくさんお金を持っているのになぜずっと投資を続けているのかと言うと、彼らは、何十億円ものお金があっという間に消えてしまうのが投資であるということをよく分かっていて、常に投資をし続けることで、より良い投資先にお金を投入して、自己資産の確保と次の投資への準備を兼ねて行っているのです。
彼らは日々そのような世界に生きているので、とにかく事前情報の収集を大事にします。
何より「不安な直感」は信じますが、「成功への直感」は信じません。
根拠がなければお金を動かすことなどできません。
資本形成診断は、自分がその資本へ投資するための「事前チェック」をすることで、より安全確実な投資への足がかりとなるメリットを持っています。


B!